お客様の声

岡山県在住 K様

夜勤の前に必ず飲むことにしています。年齢とともに体がきつくなってきましたが、アミノフィールを飲むと疲れが全然違います。これからも飲み続けます


 

佐賀県在住 M様 80代

アミノフィールは息子に紹介されました。たまに食が受け付けにくい日があります。そのような時、アミノフィールを牛乳と一緒に戴いています一人暮らしですが、外にも出て畑仕事もしており、近所の方から「若いですね」とよく言われます。おかげ様で、この夏も越すことが出来ました。


 

福岡県在住 H様

アミノフィールの飲み忘れも多々ありますが、腰痛とたたかいながら、元気に生活出来ていることに感謝いたしております。今年の夏は脱力感、やる気なし、の夏ばてが長く続きました。こんな時には増量して飲めばよかったのかなと反省しております。


 

千葉県在住 M様 30代

運動をして筋肉痛がひどい時、アミノフィールを飲んでいます。次の日には筋肉痛が和らぎ、すごい!!と思いました。風邪気味の時や、寒気を感じる時などに1回に2包飲ませていただいています。それ以上ひどくなっていいないような気がします。これからも、身体の不調を感じた時に飲みたいなと思っています。主人にもアミノフィールを進めたところ、飲むと体がぽかぽかすると言っていました。


 
千葉県在住 C様 80代

先日眼の瞼がたるんできて、気がつくと体重もだいぶ減っていました。このところ食事の量も少なくなっていいたので、できるだけ食べるようにし、忘れていたアミノフィールも飲むようにしました。1か月もすると瞼の具合はほぼ元に戻っていました。食事とアミノフィールの助けのおかげかと思っています。


 

千葉県松戸市在住 後期高齢者 ヤマキチ様

わがヤマトモ(山友達)アミノフィール私は山歩きが好きで前日の晩、天気予報を見て翌朝西の空がOKならば、一番電車で、東京の西によこたわる丹沢山に出かけるのが常である。15年ほど前、膝の古傷が再発して、自宅の2階への登り降りもままならなくなり、山登りどころではなくなった。必死で首都圏で有名な整形外科医を訪ねた歩いたが、「軟骨がすり減っているからね」か「お歳ですからね」が決まり文句。大げさに言えば「これで私の人生は終わったか」と思った頃ヒョンなことからアミノフィールに出合った。手ごたえを感じて愛用するうちに膝の痛みが、気にならなくなっていいた。当初は1日1包程だったのが、膝の痛みが軽く感じられるようになったので、1日2包さらには1日3包へと増やしていると、これまでメントールの効いた膝の塗り薬がいつしか不要になり、またハードな山歩きをした後は、時間がたつにつれて足腰の痛みから、近くのマッサージ院のお世話になっていたが、これもいつしか不要となっていた。スポーツ紙誌の記事などで、アミノ酸の中でもBCAAを多く含んだものがよいという記事によく出会う。私にとってはまさにアミノフィールは山歩きという私のホビーを支えるヤマトモ、山の友達である。